糖尿病の初期症状 糖尿病を知る

糖尿病 1型と2型って一体何が違うの?

Pocket

一般的に糖尿病というと遺伝と生活習慣が原因で発症する「2型糖尿病」のことを指すことが多いです。
これとは別に「1型糖尿病」なるものがあるのですが、これが全くもって別の病気で、同じ糖尿病といっても全然違います。

両者の違いを分かりやすくまとめてみました。

糖尿病ー1型糖尿病ー

・予兆もなく急に発症することが多い
・前世代で発症するが、成人までに発症するケースが多い
・インスリンが全く分泌されなくなるという障害だけなので、インスリンを補う治療をすれば普通に生活できることが多い
・1日3回から5回程度、原則自分で注射をしてインスリンを補給する
・糖尿病全体の5%程度
・発症原因は不明、研究は活発に行われているが確定できていない

糖尿病ー2型糖尿病ー

・健康診断で予兆が分かることが場合も多い
・中高年に多く発症
・インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりして血糖値が高くなる
・運動療法や食事療法による糖尿病治療がメイン(高血糖が是正できない場合は、薬やインスリン注射による治療も行う)
・糖尿病全体の95%程度
・発症原因は遺伝的な要素プラス、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣と言われているが、はっきりとして原因はまだ分かっていない

1型糖尿病と2型糖尿病を比較してみると、全く異なることがよく分かると思います。
もし知り合いに糖尿病の方がいたら、2型と決めつけず、1型の可能性があることを知っておくとよいですね。
特に食事ついては1型糖尿病と2型糖尿病は全く違う付き合い方になります。

-糖尿病の初期症状, 糖尿病を知る
-,

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.