糖尿病の食事

糖尿病でも米を我慢しなくていい!炊飯器で糖質カット

Pocket

私は、食べることが大好きです。糖質制限をしようとすると、米やパンを食べなければいいと言う結論になりますが、我慢できず結局食べてしまいます。

糖尿病に画期的な低糖質炊飯器!白米の糖質を35%カット

米やパン、麺類など、糖質を多く含む食べ物の摂取量だけを減らす「糖質制限ダイエット」が近年話題です。
糖尿病でも米を食べたい、そんな米好きのジレンマを解消すべく登場したのが、
サンコーの「糖質カット炊飯器 匠 SLCABRCK」です。

こちらは、普通にいつもの米を炊くだけで何と糖質を最大で約35%もカットできます。
糖質約35%カットということは、単純に考えれば、通常通り1日に朝昼晩で3杯のごはんを食べても2杯分の糖質しか摂取しないということです。

糖尿病に 糖質カット炊飯器のしくみ

普通の炊飯器で米を炊くと米の炊き汁に糖質がどんどん溶け出していきます。
このまま炊いたら溶け出た糖質は再び米に付着してしまいます。
この炊飯器は研究の結果判明した最適の時間になると「リフトコントロールシステム」で炊飯の途中で内釜が自動でせり上がり、煮汁と米を分離する画期的システム、つまり糖質が溶け出した汁を取り除くというわけです。
「糖質カット炊飯器」は、内釜と外釜の二重構造の釜を採用し、米を炊く際に糖質が溶け出した水(煮汁)を排出して、最後に蒸し炊きにします。

糖尿病に 糖質35%カットされたご飯は味もおいしいのか?

茶碗にごはんをよそって食べてみると、かなり柔らかくお粥のような食感です。この柔らかさは好みが分かれるかもしれません。米の味わい自体はあっさりしていて、「米のうまみが抜けている」とも感じますが、お粥だと思って食べるとそれほど気にならなくなりました。
梅干しや昆布などとの相性は抜群です。
日常的に食べられるかどうかは、米の味よりも柔らかさを受け入れられるかどうかが分かれ道になりそうです。
柔らかいほうが胃への負担も軽そうですし、お腹には優しいはずです。

糖質カット炊飯器 匠でご飯を炊けば、普段食べている米を炊くだけで、糖質最大35%カットされます。 いつも食べている米を、止めるのでも減らすでもなく、美味しいままの米を普通に食べて糖質をカットすることができます。
あくまでもこの炊飯器を使う目的は糖質制限、米を食べるのを辞めないのなら、糖質制限の奥の手として使ってみるのも良いのではないでしょうか。

-糖尿病の食事
-, ,

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.