低血糖 糖尿病の食事

糖尿病の方が制限されること~食事や車の運転について~

Pocket

糖尿病といえば食事制限があり、好きなものが食べられなくなるというイメージがある方が多いようです。
実際のところ血糖値をコントロールする必要があるので、食事に気を遣うことにはなるのですが、治療法が食事制限しかないという訳ではありません。
薬物療法もありますし、運動することによって血糖値が下がるので、運動療法をメインの治療法として取り組まれている方もいます。

糖尿病の食事療法、糖質制限のリスク

糖質の量を抑えた食事療法は血糖値のコントロールには直接作用しますので、有効な治療法であることは間違いありませんが、糖質制限の食事ということは得られるエネルギーも減ってしまうということになります。
このため栄養状態が悪い方だったり、やせている方、また腎臓に疾患があったり、肝硬変がある方など、エネルギーを必要とする方はむしろ食事で糖質制限することは避けた方がよいでしょう。
糖質制限の食事療法については短期的には効果があることは事例が豊富にありますが、長期的に継続することに関する安全性については明確な定義はありません。むしろ危険を指摘している研究結果もあります。

だからといって食事療法をせず何でも食べて大丈夫ということではありませんが、最初からもう好きなものが食べれないと諦めるのではなく、何をどうすることが体のためによいのかということをしっかり調べて取り組まれることをお勧めします。

糖尿病の低血糖時のリスク、車の運転について

制限されることとしては食事以外にも、状態によりますが車の運転が挙げられます。
意識障害を起こす可能性がある場合は運転はできません。
薬の中には低血糖になり、そうなると一般的には状況判断の能力が低下すると言われていますので、運転に影響出てくる可能性が高いです。
空腹時、運動の後も低血糖になりやすいです。低血糖の傾向がある方はブドウ糖もしくはブドウ糖を含む飲み物を準備しておいた方がよいでしょう。

-低血糖, 糖尿病の食事
-

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.