糖尿病雑記

糖尿病でもオリゴ糖で美味しく食事制限

Pocket

糖尿病 オリゴ糖とは

数ある「腸によい」と言われる食品の中でも、特に生活の中に手軽に取り入れやすいのが「オリゴ糖」。
フラクトオリゴ糖とは、難消化性のオリゴ糖のことです。
ヒトの消化酵素で分解されないため、胃や小腸で分解されることなく、そのまま大腸まで届きます。糖として吸収されないから、血糖値を上げません。

フラクトオリゴ糖は、分解されずに大腸に届くので、摂取後も血糖値はほとんど上昇しないので糖を脂肪として貯め込む働きがあるインスリン分泌への影響もありません。

糖尿病 オリゴ糖の効果

血糖値を上げないため、血糖コントロールや糖尿病に悩む方の大きな味方となるでしょう。
実際に、難消化性のひとつであるフラクトオリゴ糖を摂取しても、血糖値、血中インスリンに影響がないことがわかっています。

自然由来の甘味料でありながら糖として吸収されず、エネルギーとして利用されないフラクトオリゴ糖は、血糖値を上げないと同時に人間の味覚がおいしいと感じる味わいを持っています。オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分ほどしかないのです。普通の砂糖は1グラムあたり4キロカロリーのエネルギーを持っているのに対して、オリゴ糖は1グラムあたり2キロカロリーしかエネルギーを持っていません。つまり、オリゴ糖はエネルギーとして利用されにくく、太りにくい糖であるとも言えるのです。そのため、食生活を楽しみながら健康を目指す「ロカボ」にとってまさにうってつけと言えます。
また、市販のオリゴ糖シロップなどには他の糖質が含まれている可能性もあるので、血糖が気になる方は顆粒タイプのオリゴ糖を使うことをおすすめします。
血糖値が高いことなどで悩んでいる方は、オリゴ糖を試されてみてはいかがでしょうか。

-糖尿病雑記
-

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.