糖尿病の食事

2型糖尿病患者のための栄養補給には「くるみ」が効果的!

Pocket

糖尿病患者にくるみは適正な栄養補給源!

くるみには、糖尿病を改善する効果があるといわれています。
ただし厳密にいえば、糖尿病を改善するための食事療法の際に効果があるということです。

くるみを含む食事は初期の2型糖尿病と関連して生じるインスリン抵抗性(すい臓から分泌しているホルモンのインスリンが、標的とする細胞(筋肉や脂肪)に十分作用しない状態)の問題に体が対処するのを助けることができる、とされています。
また健康に良いと注目を浴びているオメガ3脂肪酸が、ナッツ類の中でもっとも多く含まれています。
2型糖尿病患者が毎日ひとつかみのくるみを食べると、心臓を守るのに重要なオメガ3などの多価不飽和脂肪酸の推奨摂取量を達成するのに役立つということが発表されました。

糖尿病の食事療法では、脂肪のコントロールが重要となります。くるみが脂肪の摂取を改善する上で特にメリットの多い食品です。
くるみの糖質は100g中およそ2.6gと少ないのですが、食物繊維やビタミン、アミノ酸、たんぱく質、ミネラルなど栄養が豊富です。
まさにくるみは糖質を制限しながら、バランスよく栄養を摂取するのにぴったりな食べ物なのです。

糖尿病改善 くるみの食べ方をひと工夫

いくらくるみが糖質が少なく栄養が豊富な食べ物だとしても、1食まるまるくるみを食べればいいわけではありません。
くるみはカロリーが高い食べ物なので、過度の食べ過ぎで糖尿病を悪化させては本末転倒です。

しかし食事のメニューに加えたり、間食用の食べ物としてくるみを利用することで糖尿病の改善効果のアップが期待できるのです。

やはり糖尿病にならないことが一番良いことですが、もしものときはくるみがあなたを救ってくれるかもしれません。

-糖尿病の食事
-

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.