糖尿病雑記

糖尿病のための長く続けられるらくらく運動療法

Pocket

運動療法は、食事療法と並んで糖尿病治療の基本です。運動には、糖尿病患者の健康寿命をのばすために、他には替えがたい効果があります。
体を動かすことで、糖尿病だけでなく肥満や生活習慣病、循環器疾患やがん、加齢に伴う生活機能の低下、認知症などのリスクを下げることができます。
運動は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋力トレーニングに分けられます。また、日常生活での活動量を上げることも大切です。
運動したからといって、食事療法は怠らないようにしましょう。血糖コントロールを良好に維持するにはどちらか一方が欠けてもうまくいきません。

糖尿病 運動療法の目標

運動の頻度はできれば毎日、少なくとも週に3~5回、ややきつい位の全身を使った有酸素運動、運動時間は各20~60分間行い、計150分以上が一般的に勧められています。また、週に2~3回の筋力トレーニングを同時に行うことが勧められています。

糖尿病 運動療法で気をつけないといけないことは?

飲み薬やインスリン療法などで薬物療法を実施している患者さんは、運動中に低血糖になる可能性があります。自分の使用している薬について、低血糖の可能性をかかりつけ医に確認しましょう。また、必ずブドウ糖やジュースなどを持ち歩きましょう。運動する時間帯は、低血糖の心配が少ない食後に行うのが理想的です。

-糖尿病雑記

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.