糖尿病の食事

糖尿病予防のために食事で意識したいこと

Pocket

糖尿病になってしまうと、食事にいろいろな制限が生じてしまいます。
そうならないためにも普段から食事に気をつけて糖尿病を予防していきましょう。

といっても忙しかったり、不規則なお仕事をされている方は「常に栄養のバランスを考えて」とか、「1日3食きちんと食べて」とか、「糖質量を計算して適量を食べて」と言われても無理がありますよね。

そんな方のために、糖尿病予防の食事のためにこれだけは意識した方がよいということを集めてみました。
糖尿病の予防のために無理に食事を制約してもストレスがたまり、どこかに歪がでてきて逆効果となる可能性が高いです。
やれそうなことから、少しずつ意識していくのがお勧めです。

糖尿病予防のための食事のコツ①ゆっくりよく噛んで食べる

食べすぎを防ぐことができるとされています。
またインスリンの分泌を促すホルモンが出るという説もあります。

糖尿病予防のための食事のコツ②野菜から食べる

野菜を先に食べると食物繊維により、糖質がゆっくり吸収されるようになります。

糖尿病予防のための食事のコツ③間食をしない

血糖値が下がり切る前に食べてしまうと、血糖値の高い状態が続くことになります。
ある程度、空腹の時間を持つことが血糖値を上がりにくくするコツです。

糖尿病予防のための食事のコツ④アルコールは控えめに

アルコールには一時的にインスリンの働きを改善する効果がありますが、長期間になると分泌量が低下するようです。 

糖尿病予防のための食事のコツ⑤清涼飲料水も控えめに

清涼飲料水の甘味に魅かれてつい飲みたくなってしまいがちですが、多くの清涼飲料水(特にジュース)には、かなり多くの糖質が含まれています。
できるだけお水やお茶を飲みましょう。

-糖尿病の食事
-

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.