糖尿病 眼科

糖尿病網膜症

Pocket

糖尿病網膜症になったからといって、すぐに失明する訳ではありません。

糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。

単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が眼の異常に気がつくことは困難です。

このため、眼科での定期的な検診を受けることが必要です。

単純網膜症

網膜に張り巡らされた細小血管が、高血糖によってもろくなり血管が詰まった状態や、小さな点状に出血を起こしたり血液中の蛋白質や脂肪が染み出してできたシミや細小血管がコブのようになった毛細血管癌がみられます。

自覚症状は全くありません。
治療方法は、血糖コントロールをよくすることで、通常は自然に消えて行きます。

前増殖網膜症

糖尿病により細小血管症がすすみ細小血管がつまると、その部分の神経は貧血状態となりシミをつくります。酸素欠乏で血管自体があちこちで死にかけています。

目は死んでしまった血管を補おうと、網膜や硝子体に出血をおこす、脆い新生血管を作り出す準備をし始めます。

また、静脈が異常に腫れ上がったり、細小血管の形が不規則になります。

自覚症状はなく、治療方法としては蛍光眼底造影をすることがあります。この時期にレーザー光凝固術を行うと最も良い結果が得られます。

増殖網膜症

新生血管が硝子体にのびてきます。新生血管が血圧の上昇によって破れて起こる硝子体出血。

新生血管によって網膜の上に薄い膜をつくる増殖膜、この増殖膜が健康な網膜を剥がしてしまう網膜剥離を引き起こす重症段階です。

自覚症状としては、軽度から高度の視力低下、時には失明まで進んでしまう場合もあります。

治療方法としては、レーザー光凝固術を行うこともありますが、硝子体出血や網膜剥離の手遅れ状態には、硝子体手術を行います。

 

-糖尿病 眼科
-, ,

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.