糖尿病を知る 糖尿病合併症 糖尿病腎症

糖尿病の三大合併症

Pocket

●糖尿病の3大合併症 糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症を3大合併症と呼ぶ。

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てくるといわれる。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症になると、目の底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱まる。

中には失明する場合もある。また、白内障になる人も多いといわれている。

糖尿病神経障害 合併症の中で最も早く出てくるのが糖尿病神経障害。末梢神経障害の足や手の症状はさまざまで、手足のしびれ、ケガや火傷の痛みに気づかないこともあります。

そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツ、EDなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

糖尿病腎症

糖尿病性腎症になると、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなり、だんだんに尿が作れなくなります。すると人工透析(機械で血液の不要な成分をろ過して、尿を作る)を行なわなければなりません。

週に2~3回、所要時間は、約、3〜4時間、血液センターがある病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

大血管障害 高血糖の影響は細い血管ばかりではなく、目に見える太い血管にも及び、動脈硬化という状態になります。 この動脈硬化によって引き起こされる病気を大血管障害といいます。 動脈硬化とは? 血管の壁が硬く変化して血管が細くなります。

細いところに血栓という血の塊が急に出来ると、血が通わなくなり酸素や栄養が行き渡らなくなり細胞や組織が死んでしまいます。

動脈硬化を引き起こす危険因子

  • 1 高血圧 
  • 2 脂質異常症 
  • 3 喫煙 
  • 4 肥満 
  • 5 糖尿病 動脈硬化が引き起こす病気 心筋梗塞 狭心症 脳卒中の他にもあります。

動脈硬化の危険因子が更に合併すると更に危険度は高まります。

糖尿病の合併症で、慢性的高血糖が原因とみられている。

(段階)

  • Ⅰ期(腎症前期)「尿検査はおおむね陰性。自覚症状はない」
  • Ⅱ期(早期腎症期)「微量アルブミン尿。自覚症状はない」
  • Ⅲ期a(顕性腎症前期)「タンパク尿。自覚症状はない」
  • Ⅲ期b(顕性腎症後期)「タンパク尿。手足のむくみなどの自覚症状」
  • Ⅳ期(腎不全期)「タンパク尿。全身のむくみなどの自覚症状」
  • Ⅴ期(透析療法期)

例えば、 高血糖症➕糖尿病➕高血圧=32倍とも言われています。

それだけ糖尿病患者にはリスクが高い、そして身近な関わりたくない病気が動脈硬化なのです。

動脈硬化の予防効果 糖尿病は早く治療をはじめたほうが大血管障害の発症を防げるといわれております。

この早期治療で得られる効果をレガシー効果と云われており、その効果は長年、持続するともいわれております。

-糖尿病を知る, 糖尿病合併症, 糖尿病腎症
-,

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.