糖尿病を知る

インスリンの作用が不足

Pocket

糖尿病はインスリンの不足が原因で血糖値が上がります。

インスリンは膵臓で作り出されるホルモンで細胞が血液中からブトウ糖を取り込んでエネルギーとして利用するのを助ける働きをしています、

インスリンの作用が不足するとブドウ糖を利用できなくなり血液中のブドウ糖濃度、血糖値が高くなります。

これを高血糖いい、この状態が継続するのが糖尿病です。

インスリンの作用不足には膵臓のインスリンを作り出す、インスリン分泌能力が低下してしまうことと、インスリンに対する細胞感受性が悪くなる二つの原因があります。

-糖尿病を知る
-

Copyright© 糖尿病の症状が良くなる!境界型糖尿病を克服する!糖尿病治療ガイド! , 2020 All Rights Reserved.